自臭症でわきがだと思い込む

自分のニオイなのでわからないというのは普通のことです。

ただ自分でワキガが判断できないからこそ、自分がワキガなのではないかと思い込んでしまう人もいるということです。それが自臭症になります。

自臭症では自分がワキガではないと判断できないとどうしようもないので確認しようとするのですが、友人などに聞いたとしても、気をつかってワキガではないと言った可能性もあると思ってしまうので、医師などの専門家に確認するようにするといいと思います。

ワキガのようなデリケートな問題って他人からはなかなか指摘できないので、自分がワキガなのかと自臭症になってしまう気持ちはよくわかります。

自分がワキガなのか確認することが大事

自分がワキガなのか確認するようにすることが大事になってきます。

おそらく友人などに聞いても、気を使って本当のことを言ってくれない可能性があるので、医師や専門家に確認してもらうのが一番手っ取り早い方法ですが、自分で判断する方法もまったくなくはないです。

例えばワキガは遺伝的な要因が強いので親族にワキガの人がいないか確認したり、耳垢が湿ってないか確認したり、シャツなどのワキの部分が黄ばんでないのか確認したり、絶対的な方法ではないですが、可能性の高さを調べることは自分でも可能です。

そこで自分がワキガだと判明したら、しっかりと対策を行うようにすればいいと思います。対策方法は当サイトでも載せているので参考にして見てはどうでしょうか。

トップページではワキガ専用クリームについてランキング形式で掲載しているので参考になると思います。詳細はこちら